Q. 返答を全て否定で返してくる人がいます。どう対処すればいいですか?

お悩み相談

Q. 返答を全て否定で返してくる人がいます。どう対処すればいいですか?

 

返答を全て否定で返してくる人

見方によっては自分の意見を持っている人とも見る事も出来ますが、明らかに反論する必要のない事にまで否定で返してくる人もいます

脊髄反射のように否定しかしてこない人とは、まともなコミュニケーションを取りたいとは思わなくなるでしょう

 

全てを否定で返す人というのは見ていてとにかく必死ではないでしょうか

このような人は相手の意見をフラットに受け止める心の余裕がありません

どうすれば相手を否定できるかという事で頭がいっぱいなので、普段からそういうフィルターを通して他人を観察しているのです

この根底にあるのは”本当は自信のない自分を隠したいという自己保身”なのです

 

自分の意見を本当に持っている人というのは、頭ごなしに相手の意見を否定したり等しません

結論が違う、考えが違う、「違う」という表面的な点に注目するのでなく

”そうなるに至った式”に興味を持つのです

「どういう式でそういう結論になったのか」

自分の意見を持っている人は”学びのマインドセット”を持っているので自分とは違う考えをしなやかに受け止め、相手から何かを学ぼうという意識を常に持っています

そこから新たな気付きを見つけることで自己成長につなげていけるからです

 

一方、全てを否定で返す人は、自分と違う意見や考えを”攻撃”とみなしているので、必死になって自己保身の為の否定を繰り返します

実はこういう人の否定は自分の意見ですらない場合がほとんどなのです

つまり式がそもそもないのです

「テレビで言っていた、常識的にそうだから、みんなそうだから」

答えだけを盲信しているので正当性を説明できません

だから自信がないのです

そしてそれがバレてしまうのを恐れ、不安と疑心暗鬼に常にさいなまれています

 

かといって努力して知識を身につけて、、という方向には残念ながらいきません

自分の課題からは逃げたいが他人には勝ち続けたいという相反する欲求を同時に得ようとしているからです

マウントをとる人の特徴とも似ていますが、劣等感を払拭する為に横柄傲慢な態度をとるのです

努力をするよりマウントをとる方がはるかに楽ですから

 

そして努力に時間を費やさないという事は、要するになのです

人にはネガティビティバイアスといい新しい情報はまず否定をしたくなるという本能が備わっています

暇な時間が多いと思考停止し本能のおもむくままに否定をしまうのです

自分の理解できないものは不安なのです

自分に危害を及ぼす脅威かもしれないと不快になるのです

不安と不快の感情は似ているので、理解できない事を言う人=不快 となってしまうのです

 

■対処法

基本的にはまともに相手をしない方がいいでしょう

どんな喧嘩腰の否定をされたとしても決して張り合ってはいけません

またそういう人がいる環境に近寄らないというのも重要でしょう

否定を好む人の周りには同じく他者否定を好む人が集まります

そういう想念がうごめいている環境には近寄って良い事は何もありません

自分の時間価値に意識を向けると、どうでもいい人達に振り回される事がなくなります

同じ時間価値で人や社会にどんな付加価値を与えられるだろうか

一切の期待を捨て、あなたはあなたがコントロール出来る事だけに集中し、市場価値を高める自己成長をしていきましょう

 

 

The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長。 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 社会人となった後、パワハラ、ワーカホリックにて鬱となり自分の生き方を見つめなおす。 組織に馴染めない、必要以上に他者からの言葉に傷ついてしまう気質からHSPである事が分かり、整体師転身後、精神治療も観点に整体師の視点から心理カウンセリングも開始。 姿勢矯正の専門家として施術のご提供をする傍ら、来院いただくお客様の心身の健康と気付きのお手伝いをお届けできる情報発信を行っている。
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました