Q.ストレスをなくすにはどうすればいいですか

なんでも質問コーナー

ストレスをなくすにはどうすればいいですか

 

人がストレスを感じるメカニズムは、ストレスを感じさせるストレッサーによって脳が反応し起こります。

ストレッサーには4種類あり、生理的ストレッサー、物理的ストレッサー、社会的ストレッサー、精神的ストレッサーの4点です。

 

人がストレスを受けるとノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌されます。

これは恐怖や攻撃にさらされた際に分泌し血圧を高め攻撃に備えようと働きます。

 

現代社会でいえばストレスを受けた時に主に分泌されるのがこのノルアドレナリンです。

 

理不尽なパワハラ、言葉の暴力、横柄傲慢な態度、マウント、見下し、DV等

現代社会はこのノルアドレナリンが分泌される機会がかなり多いのではないでしょうか。

 

ざっくり言うとノルアドレナリンは”不快のホルモン”(厳密にはホルモンではありません)と言ってもいいでしょう。

 

次にドーパミンという神経伝達物質があります。

これは人の欲求に関わる特徴があります。

 

例えば、志望校に合格する為に勉強をする、いつまでに体重を〇kgまで落とすようダイエットを頑張る等人の欲求や意欲等の動因に繋がるのがこのドーパミンです。

 

ドーパミンが最も分泌される瞬間は人に認められた時です。

承認欲求という言葉がトレンドとなった事がありますが、現代人はストレス過多であると同時に承認過多であるとも言えます。

 

会社のような組織において、全ての従業員が承認を要求するようになると、そこには他責志向が蔓延していきます。他責志向の最大の問題点は伝染する事です。何か問題が起きた時に常に自分以外の物にその問題の矛先を向けるような組織が出来上がってしまいます。

 

こういった環境下ではドーパミン的欲求が満たされる事がほとんどありません。

その為「もっともっと」とドーパミンは暴走して分泌してしまう、またはその逆で学習性無力感からドーパミンが空っからになり一切の意欲を失ってしまったりします。

 

ドーパミンが関係するストレスは”快を得られないことによるストレス”といってもいいでしょう。

 

そして最後に紹介したいのはセロトニンです。

セロトニンは俗に”幸せホルモン”(厳密にはホルモンではない)等とメディアでは紹介されていたりします。

 

その名の通り幸福感を感じたり、自己効力感を感じた際に分泌し気持ちや心を安定させストレスを軽減させる働きがあります。

ここで重要なのはセロトニンの特殊な機能で、前述したノルアドレナリンやドーパミンの暴走を制御して適切な分泌量にコントロールする特性があります。

またセロトニン自体も過剰に分泌されたりしないようその分泌量を一定に保つ為のオートレセプター機能を備えています。

 

これによりノルアドレナリンによる怒りの感情は制御され、ドーパミンによる承認欲求の暴走は抑えられるようになるのです。

 

しかしノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌はこのセロトニンの分泌量を減らしてしまうのです。それにより脳内ではまるで指揮者を失ったオーケストラのように怒りや承認の感情が暴走して止まらなくなってしまうのです。

 

ストレスというと良くないものというイメージがありますが、実は適度なストレスは人間は必要となります。

全くストレスがない生活というのは刺激や意欲の元となる情動が沸き上がりにくくなり、何をしてもモチベーションが上がらない、やる気が出ないといった気質に繋がる危険性があります。

 

ストレスの考え方としてはなくすのでなくうまく制御していくというのがいいでしょう。

その為にはやはりセロトニンの分泌量がしっかり保たれるような生活環境を作っていく事が重要です。

次回はセロトニンを分泌させるための手法について解説していきます。

 

 

The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長 肥満予防健康管理士 厚生労働大臣認可療術士協会連合会認定 手技療術士 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 姿勢矯正とダイエットの専門家として情報発信を行っている
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました