Q. 運動なしで痩せる事は出来ますか? Part 2

なんでも質問コーナー

Q. 運動する時間がないけど痩せる方法はありますか? Part 2

 

前回までの解説では運動なしでも痩せる事は理論上可能ですが、かえって大変な労力がかかってしまいますよというお話をしました。

1カ月で体脂肪1kgを燃やしていく為には、一日あたり240 kcalの収支のマイナスが必要となってきます。(7200 kcal ÷ 30 = 240 kcal)

 

これは一日240 kcalの運動をしようという事ではなく、摂取カロリーと消費カロリーの出納が240 kcalマイナスにしなければならないという事です。

つまり摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか、あるいは同時進行させるかしかないのです。

 

消費カロリーを増やす行為というと運動があげられますが、実はそれ以外にも増やす方法はあります。それが基礎代謝と食事誘発性熱産生です。

■消費カロリーの内訳

1. 基礎代謝(約60~70%)
2. 生活活動代謝(約20~30%)
3. 食事誘発性熱産生(約10%)

 

基礎代謝というのは特別な身体活動をしていない時でも生命維持の為に消費するカロリーの事で、筋肉量が多い人はこの基礎代謝が高まるので太りにくい体質に変わっていくとよく聞きますね。

では、運動なしでこの基礎代謝を高める方法はないのか。これについて考えていきましょう。

 

■姿勢を改善させる

姿勢を改善させると代謝があがる、というとなかなかピンとこない人も多いのではないでしょうか。

 

姿勢を改善させるというのは、ただ静止した姿勢が良い状態になったというだけでなく”筋肉や関節の機能が高くなる”という事です。

機能が高まるという事はそれだけ筋肉の活動量が増えるので結果基礎代謝が高まるのです。

また、猫背の人は背中が丸まり胸郭を狭くしているので肺を圧迫しています。

人は呼吸をする時でも消費カロリーを得ています。

猫背で肺が圧迫されていると呼吸が浅くなり呼吸による消費カロリーを失っているのです。

 

そしてこのように関節や筋肉の機能が改善された状態で日常生活を送れば、本来消費するカロリーよりもより多くの消費を生む体になっているので基礎代謝だけでなく生活活動代謝も高まるのです。

 

結論、姿勢を改善させるだけでも消費カロリーが増えます。

運動の時間をなかなか取れない方は試してみてはいかがでしょうか。

もちろんこの状態で運動をすればなお効果が高まるのは言うまでもありません。

 

The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長 肥満予防健康管理士 厚生労働大臣認可療術士協会連合会認定 手技療術士 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 姿勢矯正とダイエットの専門家として情報発信を行っている
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました