Q.肩が痛いんですが首を揉めばなおりますか?

なんでも質問コーナー

肩が痛いんですが首を揉めばなおりますか?

 

つらい肩こり、長く慢性化した肩こりは筋肉の弾力を失い質感も硬く硬化させてしまいます。

これはひとえに血行不良が原因として考えられます。

 

患部となっている部分への血行が何らかの原因で悪くなる、血液には酸素が含まれていますので血行不良になるという事は細胞が酸素不足に陥るという事です。

そして血液には食事で摂った栄養素が含まれていますが血行不良の患部にはなかなか十分な栄養がいきわたりません。

 

結果、酸素不足、栄養不足となった筋肉は硬化していってしまうのです。

では、ここからその原因について考えていきましょう。

 

その指針となるのはずばり姿勢です。

肩こりというのはその原因のほとんどが姿勢にあるといっても過言ではありません。

肩こりを引き起こしてしまう最大の原因は猫背、巻き肩です。

 

デスクワーク等での長時間の同一姿勢は猫背、巻き肩等の不良姿勢を作ります。

これは体の前面の筋肉が緊張しすぎてしまい、逆に後面の筋肉は意図せずして引き伸ばされることを強要されてしまうがために起こります。

 

ここで着目したいのは背中の筋肉が”意図せずして引き伸ばされる事を強要されると血行が悪くなる”という点です。

 

輪ゴムを想像してみてください。

何年も完全に伸ばした状態でくくりつけておくと、びろんびろんになって使い物にならなくなってしまいますよね。

筋肉もこれとどうようで常に引き伸ばされることを強要され続けるとその弾性を失い機能が低下していってしまうのです。

結果、その患部は血行不良となり痛みの原因となるのです。

 

ですから首を揉めば治るというよりは、まずその背中の筋肉の機能を高めてあげ猫背にならないような前提を作っていく事が重要です。

機能を高める為には単純な筋トレの他に関節動作そのものの動きを良くするコンディショニングエクササイズがあります。

姿勢矯正術では整体+機能改善を合わせてご提供しています。

これにより日常での戻りを最小限に防ぎ姿勢が定着された状態を維持させる事が出来ます。

The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長 肥満予防健康管理士 厚生労働大臣認可療術士協会連合会認定 手技療術士 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 姿勢矯正とダイエットの専門家として情報発信を行っている
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました