巻き肩の原因は●●

姿勢矯正関連

巻き肩の原因は●●

・巻き肩の原因は肩甲骨
巻き肩の正体は実は肩甲骨の歪み
肩甲骨が外に広がり過ぎたり、前に傾き過ぎたりすると巻き肩姿勢になります
肩甲骨には体の前に引っ張る筋肉と、後に寄せるように引っ張る筋肉が付いています
このバランスが崩れると肩甲骨は前に行き過ぎになってしまいます
・肩甲骨が歪む理由
普段の姿勢、特に長時間の同一姿勢が筋肉の拮抗バランスを崩します
特に前のめり重心や下を見る姿勢が長いと、体の前の筋肉ばかりが緊張し
肩甲骨も前方に引っ張ってしまうのです
・肩甲骨が寄せにくくなる
前に行き過ぎた肩甲骨は、体の前面の筋肉は緊張し後面はゆるみっ放しになっています
ゆるみっ放しになっている肩甲骨を寄せる筋肉は機能が低下しています
機能が低下している為、肩甲骨は寄せにくく巻き肩姿勢が改善しづらくなっています
・猫背の原因になる
巻き肩は進行すると背骨を丸め猫背の原因になります
前重心の負荷に背骨だけでは耐えきれなくなってくると今度は
頭が前に出てくるストレートネックの症状につながります
ストレートネックになると大変な首コリ、肩コリが発生します
・腕の内巻き
腕が内巻き姿勢になっていると巻き肩の原因になる事があります
内巻き腕の姿勢が長時間続いていると、次第にその姿勢で固定している方が心地よく、内巻きの動きの癖がついてしまいます
内巻き腕の人は腕を内巻きにする筋肉がガチガチに固まっています
・骨盤の歪み
骨盤が歪むことで重心が前に傾き、結果巻き肩姿勢になっているパターンもあります
骨盤の歪みは筋肉の使い方のアンバランスが原因
この均衡を調整してあげる事で結果巻き肩が改善する事もあります
・足裏の骨の歪み
人は日常着地をせずに生活できません
その着地動作が既に歪んだ着地になっていたら、その着地の衝撃は歪んだ床反力となって骨や筋肉に負荷を与えます
足裏が整っていなければ日常生活で姿勢の歪みが戻ってしまう事もあるのです
The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長 肥満予防健康管理士 厚生労働大臣認可療術士協会連合会認定 手技療術士 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 姿勢矯正とダイエットの専門家として情報発信を行っている
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました