反り腰だと痩せにくい?!

姿勢矯正関連
・ぽっこりお腹になる

反り腰というのは実は骨盤の前かがみ

骨盤が前に傾くと腰の骨は反っていきます
この時、腰の筋肉は緊張しますが
反対側のお腹の筋肉はゆるみっ放しになっています
ゆるみっ放しの筋肉は機能が低下して
ぽっこりお腹の原因になりやすくなります
・前腿が張りやすい
反り腰は前腿の筋肉が緊張しすぎて骨盤を前に倒している状態です
何もしていなくても常に前ももを使ってしまっているので
前ももが張りやすく、張りやすい動きの癖もついてしまいやすくなります
・お尻がたるみやすい
前ももが過剰に緊張している時、後側にあるお尻の筋肉はゆるみっ放しになっています
ゆるみっ放しのお尻の筋肉は機能が低下したるみやすくなります
また股関節の動きが悪くなり膝や腰ばかりを使いやすくなってしまいます
・猫背の原因になる
反り腰は体重の重心が前に傾いている状態なので、放置していると骨盤につられて上半身も前かがみになってしまいま
猫背はさらに骨盤前傾を増長させるので悪循環になってしまいます
・脚の外骨が出る
反り腰になると股関節の根元の部分は過剰に内巻きに入ろうと歪みます
股関節についているのは脚の大腿骨という骨
大腿骨の上端には大転子という骨があり、内巻き股関節はこの大転子が外側に飛び出しているような姿勢を作ってしまいます
結果見た目でお尻の幅が大きく見えてしまいます
・運動の効率が下がる
例えばお尻を引き締めたいとスクワットをしても、機能が低下しているので
得意な前ももを使って運動をしてしまいます
違う場所を使っているので当然なかなか引き締まりません
この時に大事なのは運動種目のフォーム修正ではなく機能改善
運動前に動きの良い前提を作ってあげないといけないのです
The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長 肥満予防健康管理士 厚生労働大臣認可療術士協会連合会認定 手技療術士 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 姿勢矯正とダイエットの専門家として情報発信を行っている
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました