卵はこうやって食べる!完全タンパク質卵の効果的な食べ方

体をつくる栄養素
たんぱく質食品の代表格といえばまず卵が思いつきますね
実は「蛋白質」の蛋という漢字は鳥の卵の事を指します
タンパク質は=卵白からきている言葉だったんですね
卵の有用性といえば有名な必須アミノ酸が全て含まれているという点です
アミノ酸スコアといいこれが最上位の100の食品です
体の外部から摂り入れなければならないアミノ酸を卵だけで一度に摂取できるんですね
また他にも卵に含まれる脂溶性ビタミンは油と一緒に摂る事で吸収率が高まる作用があります
全卵の状態で摂る事で良質な脂質とビタミンを同時に摂取できるので
吸収率が高い状態で良質なたんぱく質とビタミンを同時摂取出来ます
健康以外の面でも卵には有益な効果が期待できます
卵に含まれるコリンという成分はアセチルコリンという脳の栄養素の材料になり
脳の認知機能向上に役立ちます
そしてもう一つ有名なのがネガティブな話題
高コレステロール食品だから控えなさいと言う話題です
昔からこの話題はよく出ていましたが、実はここには大きな誤解がありました

コレステロールは肝臓で80%が作られ、かつ多く作られ過ぎると
産生量を抑える自動制御機能が備わっています
コレステロールが多い食品を摂るからコレステロールが高くなるというわけではないんですね

ただし気を付けなければならないのは過熱のし過ぎです
卵は過熱し過ぎると参加したオキシステロールという物質に変わり
この過剰摂取は心血管疾患の現認になりうるといわれています
卵の栄養を最も吸収率の高い状態で摂る方法は半熟卵で食べる事です
過剰な過熱を避ける事で心血管疾患のリスクを下げ
たんぱく質とビタミン類を生理活性の高い状態で摂る事が出来るんですね
#小顔 #痩身 #整体 #マタニティ #ヘッドスパ #フェイシャル #マッサージ #筋膜リリース #骨盤矯正 #肩こり #骨盤 #タイ古式 #肩甲骨 #腰痛
The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長 肥満予防健康管理士 厚生労働大臣認可療術士協会連合会認定 手技療術士 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 姿勢矯正とダイエットの専門家として情報発信を行っている
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました