Q.姿勢が歪むってそもそもどういう事ですか?

なんでも質問コーナー

姿勢が歪むってそもそもどういう事ですか?

 

当院では姿勢矯正専門技術として猫背矯正、骨盤矯正、O脚矯正といった姿勢矯正術をご提供しております。

では、そもそもこの姿勢が歪むというのはどういう事なのか。

 

歪みの指標となってくるのは背骨(脊柱)と骨盤です。

そしてこれを基盤として頭蓋骨の位置、肩甲骨の位置、肩峰の位置、大転子の位置、くるぶしの位置などそれぞれの指標があります。

この指標の位置と比べどれだけ定位置よりずれがあるかという事を見立てとして見ています。

 

姿勢が歪むという事は、その骨の部位に関与している関節の機能に制限がかかってしまうということです。

そして制限がかかった関節動作は”他の部位で動きをカバーしようとする”ので、さらに不必要な部位の緊張を生み歪みが増長していってしまうのです。

 

骨盤の位置から指標をとってみましょう。

骨盤は骨盤でもその中にある突起や棘の部分には名称がついており、前方にあるものをASIS(上前腸骨棘)、後方にあるものをPSIS(上後腸骨棘)といいます。*anterior 前方の、posterior後方の

ニュートラルな骨盤はASISとPSISの幅はおおよそ2~2.5横指であることが基準です。

これを基準としこの幅がニュートラル以上であれば骨盤前傾

ニュートラル以下であれば骨盤後傾と判断します。

 

ここで重要になってくるのがこの姿勢の歪みを引き起こしているのが、”短くなり過ぎた筋肉と長くなり過ぎた筋肉”であるという点です。

 

骨盤矯正施術ではまず矯正術の前にこの不均衡となった筋肉の緊張をとき、機能を活性化させる施術を行います。(アクティベーション)

これを取り入れる事により、施術から2回目施術までの間、”戻り”を少なくすることが出来ます。

 

矯正施術を行って姿勢改善を図っていく場合、2回目が1回目より、3回目が2回目より姿勢が改善された状態で受けていかなければ右肩上がりで姿勢は改善していきません。

 

筋肉や関節の機能改善をしていく事で、日常生活をおくっていく中でも姿勢の戻りを最小限に食い止め毎回矯正術によって改善を実感できるようになります。

 

矯正術と機能改善の両輪が噛み合わさり美姿勢の車輪は初めて廻り始めるのです。

 

The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長。 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 社会人となった後、パワハラ、ワーカホリックにて鬱となり自分の生き方を見つめなおす。 組織に馴染めない、必要以上に他者からの言葉に傷ついてしまう気質からHSPである事が分かり、整体師転身後、精神治療も観点に整体師の視点から心理カウンセリングも開始。 姿勢矯正の専門家として施術のご提供をする傍ら、来院いただくお客様の心身の健康と気付きのお手伝いをお届けできる情報発信を行っている。
井上 拓也

最新記事 by 井上 拓也 (全て見る)

コメント

タイトルとURLをコピーしました