Q.頭痛がひどいどうすればいいですか

なんでも質問コーナー

頭痛がひどいのですがどうすればいいですか

 

頭痛の症状を考えていく時に意識しなければならないのは、その痛みは筋肉性のものなのか、神経性のものなのかという点です。

つまり何がその頭痛を引き起こしているのかという点です。

例えば不良姿勢は頭痛を引き起こします。

 

長時間の不良姿勢の継続は、首の筋肉を不自然に酷使し本来縮むことで姿勢を安定させていた筋肉が緩んで伸び切ってしまうような症状が出てしまいます。

この頭が前に出てしまう症状をストレートネックといいます。

 

ストレートネックとは首の頸椎という骨が本来あるアーチを失い、重力の負担がもろにかかってくるようになってしまう症状です。

地球上には重力がありますから、重力が垂直にのしかかるような姿勢が最も痛みを引き起こし負担が増えてしまう姿勢となるのです。

 

頭の重さは体重の10%程度あると言われています。

釣り竿の先端にボーリングの玉が1個ついているような状態で、どんどん背骨は前のめりにしなっていってしまうのです。

この”前しなり”が頭痛や腰痛の原因となるのです。

 

頭痛というとどうしても頭をほぐす事に注意がいってしまうのですが、そこだけではなく姿勢を改善させる事で頭痛をはじめとした不良姿勢に関する痛みを未然に防いでいくという考えが重要です。

 

また、頭痛には緊張性頭痛や群発性頭痛等種類があります。

これらの多くの原因にはストレスが隠されている場合があります。

 

ストレスを溜めないような生活、適度な運動、栄養摂取、十分な睡眠も頭痛を防止する一つの策になるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
井上 拓也

井上 拓也

姿勢矯正士 / 美容整体師美容整体 安楽
石川県内唯一の姿勢矯正士。 日本姿勢矯正士協会石川県支部支部長。 130kgのいじめられっ子だった過去からボディビルを通して67kgの減量に成功。 社会人となった後、パワハラ、ワーカホリックにて鬱となり自分の生き方を見つめなおす。 組織に馴染めない、必要以上に他者からの言葉に傷ついてしまう気質からHSPである事が分かり、整体師転身後、精神治療も観点に整体師の視点から心理カウンセリングも開始。 姿勢矯正の専門家として施術のご提供をする傍ら、来院いただくお客様の心身の健康と気付きのお手伝いをお届けできる情報発信を行っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました